木全俊太

木全俊太

役者とシンガーソングライター、その両方で活動している。

学生の頃からバンドでライブ活動をしながら、MVで役を演じたりしていた。

音楽がメインだったが、芝居にも本格的に取り組む決意をし、映画やドラマ、ショートムービーなど、主に映像系の作品に参加するようになる。

生野慈朗監督の『手紙』で、山田孝之さんのお芝居に感銘を受けたことが役者を志したキッカケ。

音楽面では、一昨年12月に、念願だったZEPP TOKYOでのライブも成功させる。

夢は劇場公開作品で主演と主題歌を両方務めること。

 

 

出演歴


映画


『マイ・バック・ページ』 
『みんなでいこう』 主演
『BECK』
『TOKYO INSOMNIA』 主演
『交換ノート』 主演
『もう一人』 
『十字架と燃え殻』 主演
『青春の残響』 
『君と違う空は見たくない』 
『被写体深度』 主演
『レンズ』 
『不安な水色』 主演
『いのちあるかぎり ~木田俊之物語~』 

『スポットライト』 主演

『頭上の色論』

『フリーフォール』

『ギャル母』

『リング・サイド・ストーリー』 
『夜空はいつでも最高密度の青色だ』 
『光』 
『あゝ、荒野』 
『22年目の告白 ―私が殺人犯です―』 
『帝一の國』
『サラバ静寂』

 


ドラマ


『チアドル』 
『深夜食堂』 
『踊る大空港』
『TOKYO VAMPIRE HOTEL』

『プラージュ』

『白日の鴉』

 

 

舞台


『かすていら~兄と私の一番長い日~』
『猫は毒殺に関与しない』